利用規約

第一章 総則

第1条(目的)
河西智美オフィシャルファンクラブ「河西智美オフィシャルファンクラブ Chiyuu♡Iris(チユウイリス)」(以下、「当FC」といいます。)は、河西智美(以下、「アーティスト」といいます。)を応援する会員によって構成され、河西智美(を応援することを目的としています。会員および入会申込者は、この会員規約(以下、「本規約」といいます。)に同意したものとみなされます。

第2条(運営主体)
1.当FCは、アーティストの所属事務所から委託を受けた株式会社SKIYAKI(以下、「当社」といいます。)が管理・運営しています。
2.当社は、当FCの管理・運営に関する業務の全部または一部を当社が適切な監督を行う事業者(以下、「業務委託先」といいます。)に委託することがあります。このため、会員および入会申込者は、当社が第7条に定める会員特典の提供のために、これに関する業務の全てまたは一部を業務委託先に委託すること、およびその委託業務に必要な限度において、会員および入会申込者個人に関する情報を業務委託先に提供することを了承することとします。

第3条(本規約の範囲と変更)
1.本規約は、当FCの会員および入会申込者に適用され、当FCへの入会申込が当社に到達した時点から、本規約を守らなければなりません。
2.チケット規約および各種イベントや観覧等の申込受付時に個別に提示される受付要項・注意事項等は、その名称の如何を問わず、本規約の一部を構成するものとします。
3.当社は、合理的な範囲で本規約を変更することができるものとし、会員および入会申込者はあらかじめこれを了承するものとします。
4.本規約の変更は、各別の規定がない場合、当FCの会員専用ページへ掲載された時点から有効とします。

第4条(通知と同意)
1.当社から会員への通知は、郵送、電子メール、当FCの会員専用ページへの掲載、その他当社が適当と判断した方法で行います。
2.前項の通知を郵送にて行う場合、会員本人が当社に登録・変更を届け出た住所宛に発送するものとし、当社が郵送物を配送業者に引き渡した時点をもって当社の通知義務は履行を完了したものとみなします。
3.前項の通知を電子メールにて行う場合、会員本人が当社に登録・変更を届け出たメールアドレス宛に発信した時点をもって通知が完了したものとみなします。メールアドレスの未登録・誤登録による不達および会員または会員が加入しているプロバイダ(携帯電話会社を含みます。)の事情によるメール不達について、当社は一切の責を負いません。会員および入会申込者がドメイン指定をしている等の事情によって、メールが不達となる場合も同様とします。

第二章 会員

第5条(入会申込者・会員)
1.本規約において「入会申込者」とは、当社の定める方法にて当FCへの入会を申し込んだ個人をいい、年会費の納入の有無は問わないものとします。
2.本規約において「会員」とは、日本国内に居住する個人で、本規約に同意のうえ、当FCへの入会を申し込み、入会金および年会費を納入し、当社が入会を承認した個人をいいます。
3.会員は、次の各号の条件を全て満たすものとします。
 (1)入会申し込みの際、当社に対して申告する登録情報の全ての項目に関して、虚偽の申告がないこと、また誤記・記入漏れがないこと
 (2)日本国内に当社からの郵送物を配達可能な住所があること
 (3)法人ではなく、個人であること
 (4)既に会員登録をしていないこと、または同一個人で複数の会員登録をしていないこと
 (5)当FCにおいて、本規約の違反等により強制的に登録を抹消、または除名処分とされた過去がないこと
 (6)個人で楽しむことを目的とし、会員の地位や権利を他の目的に利用しないこと
 (7)当社が必要と判断した場合、求めに応じて身分証明書またはその写しを当社に提示することに同意していること

第6条(入会の承認)
1.当社は、別途定める方法にて当FCへの入会申し込みを受け付け、必要な審査・手続き等を経た後に入会を承認します。入会申込者が前条第3項の条件を一つでも満たさない場合、当社は入会を承認しないことがあります。
2.未成年者は、入会申し込みにあたり、親権者の承諾を得なければならないものとします。また、16歳未満の方は、『プライバシーポリシー(個人情報の取り扱い)・16歳未満の会員に関する個人情報の取り扱い』を確認し、これに同意したうえで、入会申し込みを行うものとします。
3.当社は入会を承認した後であっても、承認した会員が前条第3項のいずれかが欠如していると判断した場合、または会員の権利を利用した転売等の行為が発覚した場合は、承認を取り消すことができるものとします。この場合、当社は、会員から既に納入された入会金および年会費の返還は一切行わないものとします。

第7条(会員特典)
1.会員は、以下の会員特典を受けることができます。
 (1)会員証の発行(入会時のみ)  (2)インターネット上における会員専用ページの閲覧
 (3)コンサートチケットの先行予約販売
 (4)会員限定イベントの参加申し込み(不定期)
 (5)会員限定グッズの通信販売(不定期)
 (6)情報メールの配信(不定期)
2.会員がインターネットを利用しないことによって生じる不利益(具体的には、一部会員特典を受けられない、情報伝達が遅れる等を指しますが、これらに限りません。)に対し、当社はいかなる責も負わないものとし、会員は何ら異議を申し立てないものとします。
3.チケット先行予約の受付スケジュールおよび対象会員は、当社が合理的な方法により受付の都度設定するものとし、当該スケジュールに基づき対象会員へ通知します。また、会員は、チケット先行予約に関する下記の事項について予め了承するものとします。
(1) 入会時期によりチケット先行予約の対象会員から除外される場合があること。
(2) 全ての公演やイベントに対してチケット先行予約が実施されるものではないこと。
(3) チケット先行予約は一般発売に先駆けて予約受付を行うということであり、必ずしも良い席が取れるということではなく、また他の経路にて入手されたチケットよりも前方の座席や整理番号であるとは限らないこと。
(4) 会場やイベント内容によってはチケット枚数に制限があるため、チケットを確保できない場合もあること。
4.会員限定イベントは、アーティストのスケジュールによるため、定期的な開催を約束するものではないことを会員は予め了承するものとします。
5.当社は、会員に対して事前に通知を行うことなく、当FCの会員特典、その他サービス内容を変更することができるものとします。この場合、当社は会員に対して、第4条第1項に定める方法により遅滞なく変更内容を通知するものとします。

第8条(会費)
1.会員は、入会時および第9条第2項に定める会員資格の有効期間の延長時に、次に定める年会費を、当社に支払うものとします。なお入会時のみ入会金1080円(税込)を別途当社に支払うものとします。
 (1)年会費 1080円(税込)
2.前項に定める年会費の支払方法は、当社が別途定めるものとします。

第9条(会員資格の有効期間)
1.会員資格の有効期間(以下「有効期間」といいます)は、入金日(収納機関から当社に対して通知される入金日を基準とし、以下同様とします)から翌年前月末となります。
2.会員資格の継続を希望する会員は、有効期間満了月の前月末日までに、次年度の年会費を所定の方法にて入金するものとし、入金が確認され次第、有効期間が1年間延長されるものとします。
3.継続手続きを行わず再度当FCへの入会を希望する場合は再入会手続きが必要となります。

第10条(会員の義務)
1.会員は、当FCから付与された会員証、会員番号およびパスワード等を自己の責任で管理するものとし、これらの管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等により会員に損害が生じた場合、当社は一切の責を負わないものとします。
2.会員は、当FCから付与された会員証、会員番号およびパスワード等を第三者に貸与、譲渡、名義変更等してはならないものとします。
3.会員は、会員証、会員番号およびパスワード等を盗まれたり、第三者に使用されていることが発覚した場合は、速やかに当社に連絡し、当社からの指示に従わなければなりません。
4.会員は、会員証を紛失等した場合、当社が別途定める方法で、当FCに再発行を依頼することができます。なお、公演や観覧等の会場で、当社または当社が業務を委託する者が会員に対し、会員証および身分証明書または写しの提示を求めることがあります。これに応じない場合、または不携帯の場合は、入場をお断りする場合や、会場より退出させる場合があります。その際、会員は、チケット代金の払い戻しや、その他賠償請求をすることはできません。
5.会員は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、その他入会申し込み時に当社に届け出た内容に変更が生じた場合は、当社が別途定める方法で速やかに変更の申請を行うものとします。
6.会員からの登録内容の変更申請が遅れた結果(変更の未申請を含みます。)、第7条1項に定める会員特典の一部または全部を受けられない、告知等のサービスまたは通知が会員に到達しないといった不利益が生じたとしても、当社は一切の責を負わないものとします。

第11条(禁止事項)
会員は、以下に該当する行為を行ってはならないものとします。
 (1)第1条(目的)に反する行為
 (2)会員資格の売買、譲渡、名義変更、共有、第三者への貸与または使用許諾等
 (3)架空名義や虚偽、重複登録行為
 (4)本規約に違反する行為
 (5)当FCを通じて入手した全てのデータおよび製作物(情報、文章、写真、音、映像、イラスト等を含みますがこれらに限られません)を無断複製、転載および再配布する行為
 (6)アーティスト、当社、その他第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権、パブリシティ権等を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
 (7)アーティスト、当社、その他第三者を誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損する行為、またはそのおそれを生じさせる行為
 (8)会員特典により得たチケットの先行予約権、チケット、グッズ、その他会員としての資格に基づき有する権利を、インターネットオークションにより第三者に転売する等、第三者に対し譲渡、貸与、名義変更する行為、または質権の設定その他の担保に供する行為
 (9)アーティストに対し連絡や面会を強要すること、または当社およびその関連会社に対しアーティストへの連絡や面会を申し入れる行為
 (10)当FCを利用して、個人または第三者の営利を目的とした活動およびその準備を目的とした活動
 (11)当FCを利用して、選挙運動・政治活動、宗教活動、またはこれらに類似する行為
 (12)法令または公序良俗に違反する行為、もしくは当FCの運営を妨害する行為
 (13)会員としての品位に欠けた行為

第12条(会員資格の喪失)
1.会員は、当FCからの退会を希望する場合、所定の方法にて当社に届け出るものとします。この場合、当社は、理由の如何にかかわらず、会員から既に納入された入会金および年会費の返還は一切行わないものとします。
2.会員が以下の各号の一に該当する場合、当社は当該会員の会員資格を抹消することができるものとします。
 (1)第8条に定める会費の納入が滞った場合
 (2)第5条第3項に反する事実が発覚した場合
 (3)第11条に違反した場合
 (4)その他、本規約に違反した場合
 (5)前各号の他、当社が会員資格を抹消することが適当と判断した場合
2.当社は前項に基づき会員資格を抹消するにあたり、理由の如何にかかわらず、会員が既に納入した入会金および年会費の返還は一切行なわないものとします。
3.会員は、会員特典によるチケット購入代金や商品等の購入代金等、退会時点で支払い義務が発生しているものについては、退会後も支払い義務を免れないものとします。
4.会員資格を抹消された会員は、当社に対し、損害賠償請求等の一切の権利行使ができません。

第13条(当FCの活動停止や解散)
1.当社は、アーティストの活動状況、その他の事情等により、当FCの運営が継続しがたいと判断した場合には、当FCを解散することがあります。その場合、解散日より有効期間満了までの年会費を月割りで返金します。
2.当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合、会員に事前に通知することなく、当FCの運営を一時的に中断、もしくは中止することができるものとします。
(1)システムの保守を定期的、または緊急に行う場合
(2)火災・停電等の非常事態により、当FCの運営ができなくなった場合
(3)地震・噴火・洪水・津波等の天災により、当FCの運営ができなくなった場合
(4)戦争・暴動・騒乱・労働争議等により、当FCの運営ができなくなった場合
(5)その他、当社が一時的な中断、または中止が必要と判断した場合

第三章 その他

第14条(免責)
1.当社は、当FCの利用に関し会員に生じた損害について、当社の責に帰すべき場合に限り、責任を負うものとします。この場合の当社の責任は、当該損害が発生した年に会員から納付された年会費相当額を上限とするものとします。但し、当社に故意または重過失がある場合はこの限りではありません。
2.申し込み期限のあるお知らせを確認しないまま期限を過ぎた場合、お申し込みの権利は消失します。受付締切後のお問い合わせはお受けできません。
3.公演日が指定されたチケットなどの郵送物を、不在等の理由で受け取らないまま公演日を過ぎた場合は全て無効となり、代金の返還はしません。
4.公演等の告知をアーティストのオフィシャルサイトや電子メール等の他の媒体と並行して発行することがあります。必ずしも他の媒体より早く会員に情報を通知するというものではありません。

第15条(チケット規約)
当社が会員に対して販売または配券等を行うチケットの取り扱いについては、当社が別途定めるチケット規約および都度通知される注意事項等に従うものとします。

第16条(個人情報の取り扱い)
当FC会員の個人情報の取り扱いは、別途定めるプライバシーポリシーおよび各関係法令に従うものとします。

第17条(損害賠償)
会員は、当FCの利用に関し、自己の責に帰するべき事由により、当社またはその他の第三者に対して損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。ただし、当社またはアーティストに、故意または重過失がある場合はこの限りではありません。

第18条(紛争の解決)
1.当FCの運営に関して、本規約により解決できない問題が生じた場合には、会員および当社は双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。
2.紛争を訴訟によって解決する場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則 本規約は平成25年10月1日より施行します。


Copyright (c) HoriPro Inc. All Rights Reserved